求人の違いについて

新卒の求人の特徴について

トップ / 新卒の求人の特徴について

新卒求人募集のあれこれ

高校卒業と大学卒業とでは、新卒入社の仕方が若干異なると思います。高卒の場合は、高校に求人募集が来て生徒はそこから行きたい会社を選んで入社試験を受ける人が大半です。しかし、大学の場合は一応、企業から募集は来るものの、大半の人はポータルサイトを利用して自分から応募している人が多いです。さらに、企業説明会出席、リクルーター訪問、企業研究など、高卒と違い結構手間がかかります。そして、異様に倍率が跳ね上がり大手企業の求人となればサバイバル状態と化します。一口にに新卒採用と言いましても、高卒と大卒とではここまで違います。

新卒が何人求められるか

新卒の求人数は、その時の企業の経営状況や求めている人材の質によって異なります。経済状況が良い時や若手を育成する余裕が企業にある時は、その数は多いです。一方、経済状況が良くない時や即戦力を求めている企業が多い時は、その数は少なくなります。求人を出しても企業によっては人材が集まらない場合があります。新卒者が大手の企業への就職を希望する割合が高い時は、中小企業を中心に人材が集まりにくい状況が生まれるケースが多いです。経済状況が良い時、企業は積極的に人材を集めるので学生にとっては就職先を探す事は難しくないです。

専門的な職の求人情報